銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の違い

キャッシング

金を借りる際、銀行か消費者金融かで借りる人がほとんどだと思います。
どちらか良くわからない人は、消費者金融で借りるのではないでしょうか?
消費者金融はイメージ的に、銀行よりも借りやすいという印象を抱いている人が多いと思います。
実際に消費者金融のキャッシングは審査が通りやすいと言われているので、
誰でも消費者金融の方が良いのではと思うでしょう。
しかし銀行での借り入れにもメリットはあります。
 
それは金利が低いと言うことです
金利はお金を借りる際に必ずついてくるものです。
これは誰が借りてもついてくるもので、金利は低ければ低いほど余分なお金を払わずに済みます。
また総量規制の対象かどうかという違いもあります。
銀行での借り入れは総量規制の対象となりませんが、消費者金融は総量規制の対象となります。
2010年から総量規制で、年収の3分の1しか借入が行えないことになっています
なので総量規制の対象となる消費者金融では、大きな借入は行えないのです。
それに比べて銀行は対象外なので、自分が借りたい金額を借りることができますよ。
このように銀行と消費者金融で違いがあるので、メリット・デメリットをきちんと理解して借入を行いましょう。